エアコンによる除湿運転の仕組み

0-33
0-99
0-07
エアコンを冷房運転すると、室内を除湿することが出来ます。室内機の内部には、熱交換を行うためのフィンがあり、エアコンが冷房運転すると、室内空気が結 露によって水滴に変化してフィンに付着しドレンホースを通じて屋外に排出されます。これにより空気中に含まれる水分量が減少するため、相対的に湿度を低下 できます。 エアコンには「除湿運転」というモードがあります。前述したように冷房運転をすることでも除湿されますが、多くのエアコンには「除湿」または「ドライ」と いう名称の機能が備わっており、冷房運転とは区別されています。
「除湿(ドライ)運転」と「冷房運転」は、どちらも冷気を放出することで湿度を下げるエアコンの機能ですが、その機能には明確な違いがあります。 冷房運転は、部屋の温度を下げるということが目的です。冷房の結果、湿度が低下するため除湿と同じ効果を得ることができますが、そもそもの目的は「温度を下げる」ということですから、除湿のために利用する機能ではありません。室温が下がると、空気中に含むことができる水分量が少なくなるため、室温を大きく低下させれば湿度も同様に大きく低下しますので、快適な湿度環境に調整するのは難しいでしょう。 対して除湿運転は、室温を出来るだけ変化させず、湿度だけを低下させることが目的です。湿度を調整することで、温度をあまり低下させずに、快適な環境を作り出すことができます。除湿をするための機能として「除湿冷房方式」と「再熱除湿方式」があります。
除湿冷房方式は、冷房運転による除湿機能をそのまま利用した除湿方式で、できるだけ室温が変わらないよう弱冷房運転をすることで除湿する機能です。エアコンの吹出口からは冷気が放出されますので、普通の冷房よりは温度変化が小さいですが、除湿能力もそれほど高くありません。 冷房運転では室温が大きく低下してしまいますので、風量を小さく抑えることで室温ができるだけ下がらないようにしています。とはいえ、単なる「弱運転冷房」に区分され、除湿の精度も能力も高くありません。エアコンから一定量の冷気を放出しつつ、湿度を下げていきますので、室温を変化させたくない場合にはお勧めできません。一般的な冷房運転よりも冷気の発生量が少ないため、消費電力は冷房運転よりも小さくなる傾向にあります。湿度とともに室温がある程度変化しても良いという場合に適しています。
再熱除湿方式は室温を低下させずに湿度を調整する機能です。除湿冷房方式では、吹出口からの冷たい空気によって室温が低下しますが、再熱除湿方式は冷房運転によって発生した冷気を、室温に近い温度まで加熱してから吹出すことで、室温の低下を防止します。 湿度が高くても室温を下げたくない梅雨などの季節や、就寝時の湿度調整を行う場合、除湿冷房方式では室温が下がり過ぎてしまい、体調不良などにつながることがありますので、再熱除湿方式による除湿が推奨されます。 再熱除湿を使用する場合、消費電力の増大による電気代アップに注意が必要です。再熱除湿は「冷房と加熱を同時に行う」という熱エネルギーのロスが非常に多い仕組みであり、冷房運転よりも電気代が高くなる傾向にあります。
電気代と消費電力を除湿機能を主眼に比較すると「除湿冷房(弱運転) < 冷房 < 再熱除湿 」となるのが一般的傾向となります。室温が高い昼間などは冷房によって室温と湿度を大きく下げ、就寝時や雨季などは再熱除湿を利用するなど、環境に応じた使い方をするのが良いでしょう。
inquiry